元ディーラーマンが教える車を高く売るヒント|車買取査定体験談

車買取サイトを利用してみた

車買取,車査定,体験談

車の買取の基本として、しっかりと買取価格をリサーチすることが重要です。

我が家の場合、ファミリーカーを中古車で買ったのですが、古いタイプで、本体価格も20万という安値だったので、軽い気持ちで買いましたが、結果2年しかもたず、買取業者に相談して買い取ってもらいました。

車買取の見積もり金額は?

インターネットの口コミはや友達などに確認し、車買取には様々な方法があると知りました。見積もりは無料です
他の手続きには料金が発生する車査定業者もあれば、見積もりだけではなく、下取りや廃車の手続き、諸経費、代行手数料が全て無料で行ってくれる業者があったりします。
引取会社ごとに色々あるので、複数の業者を選ぶのがいいと思います。
我が家は、3社ほど見積もりを取ってもらい、その中でも高価な査定をしてくださった業者を選びました。

詳しいことは見積もりの後に各業者に確認

インターネットで、車種、年式、走行距離を入力しただけです。車買取を迷っているのなら、無料の見積もりだけでもとってみるとよいと思います。

 

見積もりが提示されてから、メールや電話でやり取りを数回して業者さんのところまで行きました。
実際にスタッフの目で見てもらったところ、見積もりの金額より、少しだけ高く評価してもらえたのは良かったです。

 

県外だったり、近くに業者が無い場合でもキャリアカーなどで取りに来てくれる業者もいます。

 

短い付き合いの愛車でしたが、メンテナンス>をしてもらい、別の方に乗ってもらうのかなと思うと、次回の購入も中古車でも悪くないのかなと思います。

 

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額をまず確認する↓↓

30万円も下取り価格が違う時があります!

ズバット車買取比較

>>少しの作業で30万円も査定額をアップさせる特別な方法はこちらから<<

体験から学ぶ車買取を依頼するタイミング

車買取,車査定,体験談

車買取を依頼するのは、一年を通して最も中古車が売れる時期にタイミングを合わせると良いと思います。

 

中古車が売れる時期、つまり新生活を始める時期に売れ行きが好調になります。販売業者もそのための在庫確保に奔走します。

車を高く買取してもらうには?

ただし私の経験上、売却予定の車種によって、高値で売れるタイミングが変わってきます。
以前、知人のツテでタイミングよりも少々早い段階で、買取査定をお願いしたことがありました。

 

その後に「高いか低いか」を見極めるため、しばらく間を空けタイミング的にはピッタリな時期に再度依頼してみたのです。
結果は、前回の査定価格よりも下がるという評価をされてしまいました。

【注意】見積もりから間がおくと買取金額は下がる

タイミングを合わせたはずなのになぜ?少なくとも据え置きまでは考えに入っていたため、この結果には、とてもショックを受けました。
しかしよくよく考えてみれば、下がってしまう理屈も幾つか考えられました。
まず間隔を空けたという事は、その分だけ長くその車を使用するということになります。

 

つまり走行距離はかさみ、一般的に見て状態は悪くなると取られても仕方ないのです。
という事は、よほど稀少な車種や欲しがる声が多く上がる車種でない限り、私が乗っている車は、時と共に値下がりをし続けることになるはずです。

 

この予想が合っているかどうかは、はっきりと答えは出ていません。
これ以上待って様子を窺う勇気もなく、二回目の査定依頼のタイミングで車買取の交渉を進めることにしました。

車買取の時期も大切だがなるべく早く依頼

車買取,車査定

車買取業者を利用するにあたり、高く売るにはスピードが命だとわかりました。
タイミング的な要因を除いて、一般的な車の相場はう変動しません。待っている間にも、愛車の価値はどんどん下がっていくのです。

 

一度、査定を受けて納得いく金額にならなくて、もう少し待ってみたのですが、まったく意味がありませんでした。
一部の高級車は別として、ほとんどの車は早く売ったほうがいいのです。

査定金額はどれほど下がるか?

友人は半年ほど待ってから再査定を受けたら、愛車の価値は10万円も下がっていたそうです。
通常、査定をしてから1ヶ月程度経過すると、再度査定が必要となります。

 

時間が経過することで、価値が下がってしまうからです。
2回目の査定時の相場は45万円となり、1回目の55万円よりもずっと安くなりました。

 

しかし、これ以上待っても意味がないと思い、2回目は即決したのです。
これ以上待っていれば、さらに価値は下がったことでしょう。

ディラーへ下取りも検討した

車の買取以外には、下取りという方法も検討しました。実際にディーラーに行って、下取り額を聞いてみたのですが、トータルするとお得ではありませんでした。下取り額はかなり高額を提示してくれるのですが、新車の値引き額が低いようです。

 

どうやら下取り額を高くするほど、値引き額は低くなるようです。
結局、買取のほうが10万円~15万円くらい高くなると実感し、最終的に買取を選ぶことになりました。

一番高く車買取をしてくれる業者を選ぼう!

車買取,車査定

私は愛車を売る際に、テレビコマーシャルや雑誌でも有名な車買取の業者に車査定をお願いしました。

車査定サービスのイメージは

その査定業者は、サービスが抜群というイメージを持っていました。
もしかしたらその業者だったら、自分が思っている以上の買取額が実現するかもしれないといた期待もあったのです。
早速、ホームページをチェックしてみました。驚いたのは、車買取と車査定の店舗をすぐに検索できるところです。

買取サイトを上手に活用する!

自分の愛車の情報を入力するだけで、数社の見積もりも一括で取ることができて最高額をその場で知ることができるのです。
また、そのサイトには、初めて愛車を手放す方とって有益な情報がたくさんありました。

 

例えば、困った時の質問事例や基礎知識などが掲載されています。
さらに、車査定額をアップさせるためのコツまで教えてくれるので、本当にお得な業者だなと思いました。

汚れや傷があって高値に買取!?

私が今回、車査定をお願いしたのは、軽自動車です。
子供が小さかった時期に購入した車で、近所にお買い物に行く際や保育園の送り迎えに使用していました。

 

大切に乗ってきたつもりですが、多少、汚れもあり買い取ってくれるのかといった不安も正直ありました。
諦め半分の気持ちで車査定をお願いしたのですが、驚くことに数十万円の値がつくことに成功したのです。

 

買い取っていただいたお金で新車の足しにすることもできたので、とてもラッキーでした。
手軽に一番高く買い取ってくれる業者を見つけることができたのも、効率が良くて助かりました。

ローン返済中の車を売却したいとき?

車買取,車査定

一般的にローンの返済が終わっていない車は売却できません。
しかし車買取額がローン残額を上回ると判断される場合は、売却可能なこともあります。

ローンがあっても車買取がOKな時もある

車買取業者によって可能かどうか異なってくるので、ここは相談しておきましょう。
私は、ローン残額が40万円ほど残っている車を売却したいと思い、買取業者に連絡したことがあります。

 

そのとき、1社目では40万円を下回る査定額になったので、ローンを相殺できないと言われました。
ローンを一括返済するだけのお金は手元になかったので、その業者では売却できませんでした。

 

その後、別の業者に相談したら、ちょうど40万円の査定額をつけてくれたのです。
ローン残額が40万円だったので、それを意識していたのだと思います。

 

新しい車を購入したいと考えていたので、とにかくローンを完済するという目的で車を売却したかったのですが、こちらの意向を汲み取ってくれたようです。
ローン中の車は、基本的には売ることはできませんが、車に残りローンを完済する価値が残っている場合は業者によっては売却できることがあります。

自動車ローンの一括返済も可能

私が、利用した業者は代金を銀行に振り込んでくれましたので、早速そのお金でローンを一括返済したのです。
車の売却においては、諸費用などはまったくかかりませんでした。

 

出張見積もりも依頼したのですが、手数料もいっさいかかりませんでした。売却において他社比較はしませんでしたが、ローンを完済できる金額で買取してもらったので嬉しく思っています。

査定額をもう少しだけアップさせるコツ!

車買取,車査定

元ディラーでありながら、以前は車の掃除や洗車はあまり行っていませんでした。
雨で結構汚れは落ちていたので、私としてはそれだけでもよい思っていたくらいです。

外観の汚れよりも価格を下げる要因とは?

しかし乗っていた車は赤で、日焼けが気になっていました。
ちょうど4回目の車検が5ヶ月先に来たので、この機会に買い換える計画を立てていたときのことです。

 

試しに知り合いの車買取専門店に車を持ちこんで査定してもらったところ、驚くほどの安さでした。
理由を聞いてみると、知り合いはボディの汚れとか年式、さらに色等がその査定結果になる理由だと言ってくれました。

少しでもカーボディの色を鮮やかにするためには?

正直言ってその査定額では次に買う車の購入費用の足しにもなりません。
偶然ホームセンターで見つけた、カーボディを拭くシートを発見した私はそれを早速購入し使ってみました。

 

するとボディの色が以前に比べると鮮やかになりました。そして4回目の車検を迎えるとき、再び車買取専門店で車査定をしてもらったところ、5ヶ月前の査定額よりも査定額がアップしました。あれ以来、車の拭き取りシートを、よく利用しています。

車買取は駆け引きが重要です!

車買取,車査定

新車を買うか新中古車を買うかと迷いながらも探していると、新中古車で手頃価格で販売されていました。

 

ディーラーでの直営中古車販売店でもありますので、信頼性も高いとしてまずはカンタンな見積もりをお願いしたところ、欲しい新中古車が価格よりも10万円下がりました。

ディーラーと交渉が必要な場合

さらに、自分の車の査定をカンタンにしてもらうと、新車で3年、1500CCの車で55万円という答えでした。
差額的にも購入はできるものの、やはりもう少し粘りたいものです。
そこで利用したのが、インターネットの一括買取見積もりサイトでした。

ネット査定とディラー査定を比較検討

こちらは必要事項を記入すれば、複数の中古車買取販売店から見積もりがきます。
さらに、地元の車買取業者にも車を見せて、査定してもらったのです。

 

ディーラーに電話をして、自分の車の買取をもう少し上げられるかを聞きます。答えが出たところで、もう一軒の買取業者へも電話をします。

 

更にネットで確認した査定金額とも比較していきます。
ネットでの査定は、現場よりも断然で買取価格が高いです。
ある程度、査定価格もあがっていくと、落ち着きはじめた値段のところで、ディーラーと最後に価格交渉です。

 

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額をまず確認する↓↓

30万円も下取り価格が違う時があります!

ズバット車買取比較

>>少しの作業で30万円も査定額をアップさせる特別な方法はこちらから<<

page top