車買取査定を体験してみました

車買取査定体験談.com

車買取の査定結果は、交渉によってどれだけ変わるのか

自分が乗っている車を売却したい場合、少しでも高く買取ってくれる先を探すのは当然の行動です。
その一方で買取業者は、少しでも安く車買取を成立させ、
少しでも高く新たな利用者に購入させ、大きな利益を生み出したいと考えています。

しかし買取業者は一つではありません。
ライバル業者が数多く存在する為、査定を依頼するお客様全てに、
あまりにも低い査定結果を提示してしまえば、
全てが他の業者が提示した査定結果に食いついてしまいます。

つまり買取業者間でも査定に関して駆け引きしており、
利用客と同様、相場価格の動向をチェックし、妥当性のある査定結果を連絡しているようなのです。
こうした仕組みが頭に浮かび、実際にそれがおそらく本当らしいと思ったのは、
私の実体験によるものでした。

複数の買取業者に車買取に必要となる簡易査定をお願いし、
その結果を見て、改めて詳細査定を見積りして欲しいとお願いしました。

それぞれの業者が直に私の車をチェックし、
それぞれの査定結果を提示してくれたのですが、ここからが駆け引きの始まりでした。

査定結果を鵜呑みにして交渉を進めては、買取業者の思惑通りとなってしまいます。
最も高値を付けてくれた査定額には納得できる所もあったのですが、
念のため、もう少し高くならないかと交渉してみました。

その他の買取業者に関しても、他に高い査定を提示してくれた先がある事、
具体的な数字を見せることで、相手の出方を窺ってみました。

すると三社に依頼した詳細査定結果が、全て最初よりもプラス査定に変更されたのです。
更に粘るような事はせず、この段階で車買取の交渉先を選ぶ事にしたのですが、
十分満足できる結果となった為、今後もすんなりと話を進めずに、
交渉という駆け引きを行っていきたいと思いました。