車買取査定を体験してみました

車買取査定体験談.com

車買取交渉の詰めは諸経費を把握すること

今まで同じメーカの車に乗り続けていたけれど
違うメーカの車に乗り換えるという方もいらっしゃることでしょう。

その際、新車を購入するディーラに他メーカの買取依頼すると、
想定外のかなり低い買取価格になりがちです。
特に顕著なのが人気のないメーカ車から人気メーカへの買い替えでしょう。

たしかにディーラは買い取った車をディーラ中古車として転売するわけで、
その顧客は自社ブランドの車を買い求める人たちですから、
転売しにくい他社メーカ車を高くは買い取りにくくなります。

それに、ディーラー買取の場合には、査定手数料、車引き取り手数料、
登録変更手続き費用などが差し引かれてることも考慮しなくてはなりません。

私も実際にこれと同じケースを体験したことがありますが、ネットで調べた現状の相場よりかなり低い額でした。
相場では70万円だったのですが、買値が50万円だったのです。

しかも諸経費を差し引くと40万円そこそこしか手元に残りません。
それで、バナー広告で見つけた車買取一括見積サイトを利用してみることにしました。

車の情報を入力すると、複数の業者の買取価格がわかります。
10社以上から見積もりが届き、この時点で上位の車買取業者は買取相場とほぼ同等でした。

ただ、買取諸経費に関しては各社統一性がありません。
ある業者は登録費用や引き取り費用は取るけれども、別な業者はすべて無料というのもありました。
なので車買取価格だけに着目するのではなく、あくまで差し引き経費を含めたトータルで考える必要があります。

その後、3社ほどに絞った個別交渉では、相手が買取価格で交渉してきても、
こちらは経費を差し引いた額で話すようしたら、自然と1万2万と買値が吊り上がりました。
結果的にディーラーの買値のほぼ2倍になりました。
値下げ交渉の苦手な方でも、トータル額を把握すれば、最低限の交渉ができるはずです。