車買取査定を体験してみました

車買取査定体験談.com

買取交渉では弱気でも強気すぎてもいけない

愛車を高く売りたいと思い、車買取業者に買取を依頼することになりました。
相手と交渉をするうちに、弱気に出ていると足元を見られることがわかったのです。
相手スタッフは車を安く買取りたいと考えているようです。

僕自身、愛車の相場を知らない状態で査定したので、相手もかなりの安値を提示してきたようです。
結局、感覚的にかなり安いと感じたので、その業者に売却するのはやめました。

そして、今度はネットで複数の車買取業者で査定をしようと考えたのです。
5社のWEB査定を受けてみると、前回査定を受けたときの買取額42万円よりも、
すべての業者で高い査定額を出してきました。
45万円~60万円までの幅があり、愛車の価値が意外と高いことに気づきました。

僕の感覚としては、価値は50万円くらいだと思っていたので、
60万円という金額を提示してくれたのにはおどろいたものです。

訪問査定はWEB査定の高額1位・2位の業者に依頼することにしました。
2社に対しては、相手業者の査定額を伝えておきました。

すると、買取額2位の業者の提示額は56万円だったのですが、
62万円まで引き上げてくれたのです。

それから、1位の業者にこのことを伝えると、63万円まで引き上げてくれたのですが、
僕は65万円で買い取ってほしいと強気に出てしまいました。

しかし、65万円にすると業者側もほとんど利益が出ないのでしょう。
結局は65万円に引き上がることはなく、この業者から手を引いてしまったのです。

愛車は62万円を提示してくれた業者に売ることになりました。