車買取査定を体験してみました

車買取査定体験談.com

車買取査定体験談.com|元ディーラーマンが教える車を高く売るヒント


元ディーラーマンの立場から見た下取り車の買い値
はっきり言ってしまうが、ディーラーで高額下取りを期待するのは無理である。

それは、ディーラーには「値引き」という強力な武器があり、
通常「値引きと下取りはセット」で交渉されることが多く、
この値引きがあるために下取り車は高く売れないのである。

どういうことか説明しよう。

まず、新車購入でディーラーに来た購入者は、
免許取立ての息子や娘に新車を買いあてがう場合を除いて、ほぼ100%下取り車がある。

多くの場合年式も古く、だいたい7年落ちくらいで走行距離も7~9万キロいっている車を
ディーラーでは下取りすることになる。(もちろん高年式、低走行の車もたまにある)

ここでよく考えてもらいたいのだが、あなたは7~9万キロ走っている高年式車を
高い価格で買いたいだろうか?ディーラー側も同じである。ほんとうはそんなの嫌である。

でも新車を購入してもらう以上購入拒否はできないのであるW

さらにだ!ディーラーに持ち込まれる下取り車はメーカーも車種もバラバラで、
今入庫したい中古車だけ(買いたい車だけ)集まるわけではない。
ディーラーは新車販売がメインで、中古車販売はサブのために販路という面でも
中古車店には勝てない!本来は余分な車は必要なにのだ。

だが、お客のほうは「新車を買うのだからかなりの値段で車買取査定がでるだろう」と
踏んでいる(思い込んでる)からバツが悪い。
たしかに私も営業成績を上げたかったので「とても高い車買取査定は出せない」
車にも多少の上乗せをして新車を買ってもらったことはある。

だが、それでも納得してくれないお客には伝家の宝刀「値引き」を引き合いに出して、

「値引きを3万円プラスしますので下取りはここが限界です。
下取りも通常の車買取査定額よりも数万円上乗せしているんですよ」と言い放つ。

こう言われてしまうと購入者側は担当者をつっつくところがないので、
この時点で納得して契約してくれることが多いのである。

本当はもっと高く買える車だったかも?
ところがである!私も車畑に25年従事してきたので、

「この車はもう少し高く買えるかもな~?」と思ったときは何度もあったのだ。

だが、新車販売手には概ね「この年式・カラー・走行距離・グレード・車体の状態」により
大体の買取価格が決められており、たとえ数十万円するナビが付いていようが
車買取価格の査定には反映されないようになっている。

他店の状況は断言できないが、ほとんど同じであろう。ナビが付いてます、エアロは社外品で・・、
なんて付き合っていたら安い車は売値を超えてしまうからであるW

要するに下取り車の車買取査定額というのは水物であり、売る場所によって、
欲しい人がたくさんいるかどうかでコロコロ価格が変わるということである。
 
実際に私の娘の車を買取査定にかけてみた
確かディーラーを退職してすぐのときだったか、
娘が乗っていたスイフトが古くなったので新車を買うことになりました。

今回は以前ライバルだったホンダのフィットハイブリッドを購入することになり、
以前から試してみたかった車買取一括査定を娘の承諾を得て実際にやってみた。
同じ系列のメーカーだったらまだ顔も効くし、
内情を把握していることから多少は安く買えることを分かっていた。

だが、今回はフィットなのでそうもいきませんでした。

使ったのは「かんたん車査定ガイド」という、今一番人気の一括査定業者で、
みなさんもご存知のガリバー・アップル・カーゼブン・・・など大手の業者が買取査定に提携しているのである。

まず買取額の比較をするためにディーラーで下取り査定を受けました。
娘のスイフトは2008年車で走行距離は約7万キロ、内装はキレイ、
ボディーのキズやヘコミは皆無、もちろん多少の洗車キズはあり。

こちらが娘の車
kuruma.png

娘は25万円くらいの下取り買取価格を期待していました。
でも私はおそらく20万円以下だと踏んでいましたが、結果はやはりこの画像のように15万円!
やっぱけっこう低い車買取査定額でした。

こちらが下取り価格明細書
syorui2.png

こちらが車買取査定の業者が提示した最高額です。
ちなみに各社の企業名を掲載すると差し障りがありますので、ここではA/Bというふうに掲載します。

かんたん車査定ガイドに申し込んですぐに画面に「概算価格」が表示されました。
この価格は”あなたの車はこのくらいの価格で買い取りしてもらえますよ”という概算で、
娘の車は19~53万円の間で買取してもらえると表示されました。

なんだよ~この時点で4万円も高いじゃないか!も~と娘も言っていました。
自宅でネットからできるので、自分が1店舗ずつ廻って買取額の値踏みをする必要もないのでとてもラクです。

A社21万円・B社34万円・C社17万円・D社26万円・E社41万円
F社31万円・G社25万円


※買取査定参加業者は最大で10社までだそうです。

みんなそれなりに高い買取額をつけてくれましたが、
なんとE社が41万円で、ディーラー車買取査定額と比較しても
26万円も高く買取してくれるという結果になりました。

当然E社に売却することになり、2日後に娘の銀行口座に買取金が振り込まれていました。
この売買に関しての必要書類など私もプロだったのでできますが、
買取業者がすべてやってくれるので、車に詳しくない方でも問題なく使えると思います。

こちらが新車で買ったフィットハイブリッドです
fit2.png

車輌本体価格は169万円、ナビは普通のやつで10万円ほど、
その多諸々で5万円ほどかかり、下取りはないので総額184万円です。

ですが、ディーラーの15万円という車買取査定を引いた場合、総額169万円ですよね。

でも、今回は41万円の車買取査定が出たので、
フィットハイブリッドの新車が143万円で購入することができました。

当然新車と中古車の販売の方法は異なりますが、みなさんなんでこんなにも高く買う業者がいるかご存知ですか?
私は車の仕事が長かったから知っています。それを最後にお教えしますね。

中古車は業者によって欲しい車が違い、販売を得意とする車種も限定される
先にお話しましたが、新車販売店に持ち込まれる下取り車は
ディーラーが欲しがる車だけではなく、必要ない車でも新車販売事情から買取しなければなりません。
当然高額な買取額を提示できない車もたくさんあります。

ですが、こと中古車店となると話は変わってきます。

中古車店がなぜ車を高値で買取るかというと、各店舗で販売を得意とする車が異なるということです。
レクサスやクラウンなどの高級セダン車の販売を得意とするところ!
四駆などのオフロードカーの販売が得意なところ、
また軽 自動車などの販売専門というように、各社各様販売する主力車種が違います。

また、トヨタ・日産・ホンダ・スズキ・・・などのように、
メーカーに絞って車を集めている業者もたくさんあります。

たとえばレクサスが買取査定に申し込まれても、
軽自動車を主力とすところや四駆の販売を専門にしているところは参加してきません。

この場合は高級セダン車を専門に販売している中古車店が査定に参加してきます。

ですが、1店舗だけなら高い値段で買取られることはありませんが、
他店も参加してくると他店に取られたくないという心理が働き、
さらに顧客から探してくれと頼まれているような車が査定にかけられると
最初から高い買取額で勝負に挑んできます。

要するに、欲しい業者がいるところに車を置けば、
私たちはなにもしなくても自然に買取競争が発生し価格が高騰していきます
(まさにオークションのように)

また、集めた中古車を海外に流している業者も多く、
日本車というだけで海外では高く買ってもらえることから、
多少高いお金を出しても売るための車集めにはお金に糸目をつけない業者も多いのです。

ですので、これから新車を買おうとされている方は、一度かんたん車査定ガイドを使ってみてください。
万が一思ったような査定が出ない場合でも車を売らなくてもOKなのでリスクがまったくありません。